スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロの未来

ゼロの未来
2015/05/22@川崎
テリー・ギリアムの新作ならば観に行かなければならない。Dr.モンパルナスは観逃してしまっただけに、終わらないうちに、と、休みを取って平日に来た。フィルモグラフィを見ると、ローズ・イン・タイドランドというのもあったのか。長編ではこの二つを逃している。
どうもコーエンがよくわからなくって、話もボヤボヤしていてスッキリしなかった。もうちょっと使命感とか、意志が見えないとついていけない。映像だけ奇をてらった感じになるとさらに興醒めになってしまう。それにしても、今の時代、怪しい近未来の姿が難しくなったのだろう。今回はぜんぜん面白味がなかった。
話自体も内向きで、今世の中がこんな感じということなのか。前のギリアムの映画はもっと外の世界との葛藤があったはず。
観る側が変わったのか、作り手が二番煎じなのか、時代が変わったのか、今、カルトな感じを出すとしたら、このやり方ではないのだろう。短観系の映画は驚きや感動を以て観たいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
Twitter
 
カテゴリー
プロフィール

ひっぽ

  • Author:ひっぽ
  • (mail here)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。