FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドローン・オブ・ウォー

ドローン・オブ・ウォー
2015/10/09@川崎
野火に続いて、今度は現代の戦争映画。日常と戦場を24時間単位で切り替えなければならない状況は間違いなく異常だ。心が病んでも仕方がない。
ラストにテロリストを殺して満足し妻と子供のところに向かう能天気さは、野火を観た後では受け入れられない。
それにしてもやりきれないのは、戦場と日常を24時間で繰り返す無神経さ。想像力があればわかるだろう。ヒトはそんなに器用ではない。
ドローンがステルスでテロリストに奪われたら、日本の空襲の恐怖を全世界が味わうことになることを思うと恐ろしい。
イーサン・ホークはずいぶん老けた。ビフォア・ミッドナイトでも思ったと思うけど。ガタカに通じると映画を観ながら思ったのだけど、なんでか説明できないな。ジュード・ロウとなげやりにテロリストを殺した主人公が重なったように思う。彼は家族のもとに戻れば、やり直せるのだろうか。野火の重さとは、ずいぶん違う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
Twitter
 
カテゴリー
プロフィール

ひっぽ

  • Author:ひっぽ
  • (mail here)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。