スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海難1890


海難1890
2015/12/11@平塚
観たい映画が端境で、少しだけ気になったこれ。良くも悪くも予告と同じ感じの展開、意外性がない代わりに外れてもいない。
日本人もトルコ人も過去を美化しているかも。古きよき時代と現代で失われたものを回顧しているとも取れる。
エルトゥールル号とイライラ戦争のつなぎが少しと唐突。村人が始めからほぼ総出で救助に当たるのに対し、紛糾してた空港で大使館員の演説から一転してみんなが日本人優先に賛同するのも軽い感じ。
ラスト、昔に戻ってボトルを届けにいくところ、現代との繋がりでもあればオチがきいてよかったのに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
Twitter
 
カテゴリー
プロフィール

ひっぽ

  • Author:ひっぽ
  • (mail here)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。