FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オデッセイ

オデッセイ
2016/02/19@辻堂
IMAX3Dで、評判通り面白かった。原作も面白そう。「インターステラー」から一転、一人取り残されを明るく乗り越え、英雄になってる。同じく「インターステラー」にも出ていたジェシカ・チェステインが船長でカッコいい。
取り残された悲壮感は見せずに、記録を撮りながら生き抜くことをあきらめない。農場がやられてもめげない。最後はちょっと無理してるけど、そこは映画なので目をつぶる。
水が作れたのと、地球との交信手段があったのが大きい。むしろ地球側の方がめげそうになっていた。中国の動きが気持ちよい。現実もいざというときに協力できればいいのだけれど。
生きていることを公表することをものすごくためらっていた。映像が公開されるという制約がなければ、黙ったままだっただろう。他の火星探索のクルーにもなかなか伝えなかった。すぐにわかっていれば他のやりようがあったのか?
ものすごい幸運を重ねての生還、意志がなければその幸運を掴み続けることはできなかっただろう。そのように思いを持ち続けることができるだろうかと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
Twitter
 
カテゴリー
プロフィール

ひっぽ

  • Author:ひっぽ
  • (mail here)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。